過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級管工事施工管理技術士の過去問「全問」を出題

問題

湿り空気に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
空気中に含むことのできる水蒸気量は、温度が高くなるほど多くなる。
   2 .
飽和湿り空気の相対湿度は、100%である。
   3 .
露点温度は、その空気と同じ絶対湿度をもつ飽和空気の温度である。
   4 .
絶対湿度は、湿り空気中の水蒸気の質量と湿り空気の質量の比である。
( 2級 管工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 1 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
1 正しい。
乾球温度が高くなるほど飽和温度も高くなるため、
空気中に含むことのできる水蒸気量も上昇します。

2 正しい。
ある湿り空気を、絶対温度を一定に保ちながら冷却した際、相対温度が100%となる(飽和する)温度を、露点温度といいます。

3 正しい。
2の解答を参照。

4 誤り。
絶対湿度とは、湿り空気中の水蒸気の質量と乾き空気の質量の比のことをいいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1正しい
空気1立方メートルあたりに含むことのできる水蒸気の質量は決まっています(=飽和水蒸気量)
飽和水蒸気量は気温が低いと『少なく』高いと『多く』なります。

2正しい
飽和湿り空気
=実際の水蒸気量と飽和水蒸気量が等しい
=相対湿度100%

3正しい
露点温度
=気体を冷却した時水蒸気が飽和する温度
=結露が発生する温度
=相対湿度が100%になる温度

4誤り
絶対湿度(Kg/Kg)=水蒸気量/乾き空気の質量
絶対湿度は、湿り空気中の水蒸気の質量と『乾き空気』の質量の比です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級管工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。