過去問.com

ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護予防支援業務に係る関連様式について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
介護予防サービス・支援計画書には、「本人のセルフケア」が設定されていない。
 2 . 
介護予防サービス・支援計画書には、「家族の支援」が設定されていない。
 3 . 
介護予防サービス・支援計画書には、「問題行動」が設定されていない。
 4 . 
利用者基本情報には、認知症高齢者の日常生活自立度を記載する。
 5 . 
利用者基本情報には、生活保護受給の有無を記載する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
21

正解は3,4,5です。
介護予防支援業務は、要支援者と認定された方たちが介護予防サービスを適切に利用できるよう、介護予防サービスの利用計画(介護予防ケアプラン)を作成することが主な業務です。
介護予防の目的は、要支援者が要介護者にならないようにすることであり、介護予防ケアプランの内容は、本人の状況やニーズなどをきめ細かく確認しながら生活支援から介護予防まで様々な面をカバーするように策定されます。
そのためには、1,2は極めて重要な情報となります。

2014/09/02 16:36
ID : bqzuosqqxo
13

1:本人のセルフケアは本人の家庭での生活状況や身体能力を表す重要な情報であり、支援計画書に設定されている情報です。

2:家族の支援に関する情報は本人に必要な支援を知るために重要な情報であり、支援計画書に設定されています。

2015/05/30 06:14
ID : anaohrzq
2

1,2どちらも設定されている。

2014/08/08 15:57
ID : ofaxjgyssu
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。