過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

都道府県介護保険事業支援計画で定めることとされている事項について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数
 2 . 
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護の必要利用定員総数
 3 . 
介護保険施設の種類ごとの必要入所定員総数
 4 . 
地域支援事業に係る費用の額
 5 . 
介護保険施設相互間の連携の確保に関する事業
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
27

1:正しくない
認知症対応型共同生活介護は市町村の管轄である。
2:正しい
設問の通り。
3:正しい
設問の通り。
4:正しくない
地域支援事業は市町村の管轄である。
5:正しい
介護保険施設は都道府県の管轄であるため、その連携確保なども付随する。


※ポイント1
市町村介護保険事業と都道府県介護保険事業を区別できるようにしておきましょう。
※ポイント2
各施設の指定・管轄は都道府県なのか市町村なのかを把握しておきましょう。





2014/08/07 11:12
ID : vyzxvrru
12

介護保険事業支援計画には都道府県が定めるものと、市町村が定めるものがあります。
地域密着型のサービスは市町村が行う事業のため、市町村の介護保険事業支援計画で定められます。

1:認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数や地域支援事業にかかる費用は「市町村介護保険事業支援計画」で定められます。

4:「市町村介護保険事業支援計画」で定められます。

2015/06/08 07:28
ID : anaohrzq
5

正解は2,3,5
1.市町村が決めることである。
4.市町村が決めることである。

2014/10/12 06:26
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。