過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

若年性認知症について適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
平成21年の厚生労働省の「若年性認知症の実態調査」によれば、我が国における65歳未満で発症した、いわゆる若年性認知症の者の数は、約1万人と推計される。
 2 . 
若年性認知症利用者受入加算を算定するためには、若年性認知症利用者ごとに個別に担当者を定め、利用者の特性などに応じたサービスを提供しなけばならない。
 3 . 
若年性認知症の者は、精神障害者保健福祉手帳の取得や障害基礎年全等の受給はできない。
 4 . 
若年性認知症の者を介護する家族には、抑うつ的な精神状況や減収による経済的困難が生じている現状が指摘されている。
 5 . 
地域包括支援センターに配置された認知症連携担当者は、若年性認知症の者の個々の状態や本人・家族等の 要望を踏まえ、適切な支援施策の活用を援助する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

1:平成21年の厚生労働省の調査で約3.78万人と推計されています。

3:精神障害者保健福祉手帳が取得条件に、器質精神病があります。
若年性認知症も器質精神病と考えられるため、取得が可能です。

2015/06/09 08:48
ID : anaohrzq
8

1:正しくない
若年性認知症は対象となる患者が約4万人といわれている。
2:正しい
設問の通り
3:正しくない
若年性認知症者は精神障がい者の対象となる。
4:正しい
設問の通り
5:正しい
設問の通り

2014/08/10 13:14
ID : vyzxvrru
0

正解は2、4、5
1.1万人は間違い、4万人はだと言われている。
3.精神障害者は対象である。

2014/10/12 22:33
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。