過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

集団援助技術(ソーシャルグループワーク)について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
グループでの体験は、社会的行動の学習の場となる。
 2 . 
固定したメンバーで活動を行うことが重要なので、メンバーがグループから離れることをグループワーカーは認めるべきではない。
 3 . 
活動に参加するメンバーが、グループワーカーに代わってリーダーシップを取ることは、望ましいことではない。
 4 . 
グループ内で類似の問題を持つ他のメンバーの発言を聞くことは、問題を抱えている人が自分の問題との共通性に気づく機会となる。
 5 . 
場面ごとに異なる役割を担うことで、自らを見つめ直したり、新たな自信を得たりする機会となる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

2:グループ内では変化ががつきものであり、グループを離れることなどは問題ない。

3:メンバーがグループワーカーに代わってリーダーシップをとることで新たな視点から考えるきっかけにもなる。

2014/08/24 15:54
ID : ofaxjgyssu
3

1.設問の通りです。

2.グループは変化するものです。固定されたメンバーである必要はありませんし、離れることもメンバーの自由です。

3.立ち位置が変わることで違う見方ができることがあります。メンバーがリーダーシップをとることに問題はありません。

4.設問の通りです。

5.設問の通りです。

2016/05/27 10:05
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。