過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ソーシャルケースワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
福祉関連の相談機関でのみ用いられる援助の技法である。
 2 . 
ソーシャルワーカーは、クライエントが自己決定能力を最大限に発揮できるように支援をする。
 3 . 
ソーシャルワーカーは、クライエントとの面接が中心となるので、多様な社会資源のコーディネーターとしての機能は果たさない。
 4 . 
ソーシャルワーカーは、共感的理解を深めるとともに、客観的に状況を理解するために、クライエントと一定の距離感を保たなければならない。
 5 . 
ソーシャルワーカーとの面接を通して、クライエントは自分の問題に関する理解を深めていく。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

1:福祉関連の相談機関のみでなく、相談を必要とするあらゆる場面で用いられる。

3:社会資源のネットワークを構築し、広く情報を把握することが必要。

2014/08/24 16:10
ID : ofaxjgyssu
4

1.福祉関係に限定されるものではありません。相談が必要な様々な場面で使用されます。

2.設問の通りです。

3.利用できる社会資源に関してアドバイスを行なうことはソーシャルワーカーの重要な仕事です。

4.共感することは大事ですが、客観的な視点で判断することも大事になります。

5.設問の通りです。

2016/05/27 19:01
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。