過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険制度以前の高齢者介護に関連する制度の問題として指摘されていたことについて正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
特別養護老人ホームの利用者負担が一律で、病院に入院よりも安い為、入所待機者を激増させた。
 2 . 
社会的入院が増加し、一般病院の生活機能が充実した結果、特別養護老人ホームが不要になりつつあった。
 3 . 
措置制度の老人福祉制度によるサービスでは、利用者が自由にサービスを選択できなかった。
 4 . 
措置制度の老人福祉制度のサービスでは、競争原理が働かず、サービス内容が画一的になりがちであった。
 5 . 
老人保健制度による訪問介護は、病院ではなく市町村の窓口に申請しなければならない為、利用しにくかった。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1:特別養護老人ホームの利用者負担は所得に応じた負担(応能負担)となっており、中高所得者にとっては、特別養護老人ホームなどに入所するより入院のほうが利用者負担が引くくなるため、社会的入院が増加した。

2:一般病院は長期療養に適さず、特別養護老人ホームも不要ではなかった。

5:訪問介護などの福祉分野のサービスは市町村の窓口に、訪問看護などの保健医療分野のサービスは医療機関に申し込みをしなければならなかった。

2014/09/04 23:26
ID : ofaxjgyssu
12

1 特別養護老人ホームの利用者負担は所得に応じた応能負担のため、中高所得者層にとっては特別養護老人ホームへの入所は負担が大きく、社会的入院が増大しました。

2 社会的入院は増大しましたが、介護保険制度以前は長期療養には一般病院の生活機能は不十分でした。

3,4 正解です。介護保険制度以前の措置サービスである介護サービスでは、利用者が自由に必要なサービスを選択することができず、また競争原理も働かないため、サービスが画一的になりがちでした。

5 介護保険制度以前の老人保健サービスは、訪問介護サービスは市町村の窓口、訪問看護は医療機関に申し込みをする必要がありました。

2015/02/24 00:30
ID : ysaqtrmkds
4

1.負担は一律ではなく、所得に応じて支払う費用は異なっていました。中高所得者の場合には病院のほうが利用料が安く、制度間に不整合な点がありました。

2.特別養護老人ホームは不要ではなく、不足している状態でした。退院後の受け皿が無いことが社会的入院を増加させた大きな原因です。

3.設問の通りです。

4.設問の通りです。

5.訪問看護は医療機関、訪問介護は市町村の窓口への申し込みが必要でしたが、利用しにくいということはありません。

2016/05/13 00:00
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。