過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 福祉サービス分野    ケアマネ 過去問 | 無料の過去問題

問題

相談援助におけるワーカーの姿勢について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
ワーカーは、抱えている問題でクライエントを類型化するのではなく、一人ひとりを個別の存在として理解する。
 2 . 
ワーカーは、認知症の人が自分自身で判断しないとき、代わりに決定を下すようにする。
 3 . 
ワーカーは、自らの価値観でクライエントを評価したり、非難したりしない。
 4 . 
ワーカーは、クライエントの問題を理解することの妨げになるので、クライエントが表出する感情には対応しない。
 5 . 
ワーカーは、クライエントが打ち明けた情報をクライエントの許可なく第三者に漏らしてはならない。
このケアマネ 過去問の解説(3件)
4

2 ワーカーは、認知症の人が自分で判断しない時、判断の援助を行うが、代わりに決断を下してはなりません。

4 クライエントが感情を表出した場合、感情的に巻き込まれることがないように注意しながら情緒的関与を行います。

2015/05/22 23:13
ID : ysaqtrmkds
付箋メモを残すことが出来ます。
4

2:第三者であるワーカーが判断することは間違いです。本人の意思が確認が難しい場合には家族に相談することが必要です。

4:クライアントの感情に同調し、話を聞いてあげることが重要です。感情を無視することは余計に相手を興奮させることにつながってしまいます。

2015/05/10 19:41
ID : anaohrzq
2

1:〇
設問の通り

2:×
個人、もしくは家族の意向を尊重しなければならない。

3:〇
設問の通り

4:×
設問のような場合は、情緒的関与(ワーカーが利用者の思いを受け止めながらも流されずに関与していくということ)が必要である。

5:〇
設問の通り

2014/08/24 12:16
ID : vyzxvrru
border line
過去問.com ケアマネジャー試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。