過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

生活保護制度について、正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
生活保護の補足性の原理により、介護扶助よりも介護保険の保険給付が優先して給付される。
 2 . 
すべての被保護者に対する要介護認定は、介護扶助の要否判定の一環として生活保護制度で独自に行う。
 3 . 
被保護者の介護保険の保険料については、介護扶助から給付が行われる。
 4 . 
介護保険施設に入所している被保護者の日常生活費については、生活扶助から給付が行われる。
 5 . 
介護扶助の給付方法は、原則として現物給付により行われるが、住宅改修については金銭給付により行われる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
18

2:生活保護を受けているかに関係なく、要介護認定は介護保険制度によって行われる。

3:65歳以上の人は介護保険の被保険者であり、生活保護受給者も保険料を支払う事となりますが、その費用は生活保護費の「生活扶助」から賄われます。

2015/05/11 10:43
ID : anaohrzq
14

1:〇
設問の通り

2:×
生活保護受給者であっても、要介護認定は一般の介護保険被保険者と同様に介護認定を受ける。

3:×
生活保護を受けている者の、介護保険料は「生活扶助」から給付される。

4:〇
設問の通り

5:〇
設問の通り

2014/08/26 20:54
ID : vyzxvrru
4

2 生活保護の被保護者であっても、要介護認定は介護保険制度によって行います。

3 被保護者の介護保険料については、生活扶助から給付が行われます。

2015/05/24 21:16
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。