介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第14126問 出題

問題

地域密着型サービスにおける介護支援について正しいものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
小規模多機能型居宅介護事業者の介護支援専門員は、登録された利用者の居宅サービス計画及び小規模多機能多型居宅介護計画の作成を行う。
 2 . 
認知症対応型共同生活介護事業者の計画作成担当者には、介護支援専門員でない者もいる。
 3 . 
認知症対応型共同生活介護計画の作成に当たっては、利用者の同意が義務づけられていない。
 4 . 
地域密着型介護老人福祉施設の介護支援専門員は、入所者が常時の介護が必要となった場合には、介護老人福祉施設への入所をすすめなければならない。
 5 . 
小規模多機能型居宅介護計画は、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、他の従業者と協議の上、作成される。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
22
評価しない
3 計画の作成にあたっては、利用者の同意を得なければなりません。

4 地域密着型介護老人福祉施設の介護支援専門員は、入所者の常時介護が必要となった場合かつ居宅においてこれを受けることが困難な場合には「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」を提供します。

地域密着型介護老人福祉施設とは、介護老人福祉施設と同等のサービスを提供する小規模な施設です。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護とは、常時介護が必要で、一人暮らしや家族の介護による在宅生活が困難な方が対象のサービスです。
評価後のアイコン
2015/03/17 21:30
ID : ysaqtrmkds
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
1:〇
設問の通り

2:〇
一人以上が介護支援専門員である必要はあるが、その他の職種も計画作成担当者になりうる。

3:×
利用者の同意は義務付けられている。
判断不能な状態にある場合は家族の同意を得る。

4:×
地域密着型介護老人福祉施設の介護支援専門員は、入所者が常時の介護が必要となった場合には、「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」を提供する。

5:〇
設問の通り
評価後のアイコン
2014/09/07 21:00
ID : vyzxvrru
評価する
7
評価しない
3:認知症対応型共同生活介護計画の作成に当たっては本人の同意を得る事が必要です。

4:そもそも地域密着型介護老人福祉施設の役割が常に介護が必要な方の入所を受け入れてサービスを提供することです。介護老人福祉施設とは入所定員が異なり、家庭的な雰囲気の中での介護が行える事が特徴になります。
評価後のアイコン
2015/05/12 16:19
ID : anaohrzq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。