介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第14138問 出題

問題

終末期について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
がんの場合には、個人差はあるものの、長い期間にわたり徐々に身体機能が低下していく。
 2 . 
心臓、肺、肝臓などの臓器不全の場合には、個人差はあるものの、日常生活は死の間際まで自力で行えることが多い。
 3 . 
老衰や認知症などの場合には、個人差はあるものの、長い期間を要して徐々に機能が低下していくため、最期を予測することが難しい。
 4 . 
がんや慢性疾患の場合には、本人の状態を考慮し、在宅ケアにこだわることなく、医療機関への入院を選択肢として想定しておく必要がある。
 5 . 
老衰や認知症などの場合には、廃用症候群の悪化を予防するために、リハビリテーション専門職の定期的な関わりや評価が必要である。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
33
評価しない
1.がんの身体機能の低下は個人差があり、長期間で緩やかに低下していくものもいれば、短期間で急激に低下するものもいる。

2.個人差はあるが、心臓、肺、肝臓などの臓器不全の場合は長期間にわたり重症化していくため、自力で日常生活を行えることは少ない。

3.個人差はあるが、老衰や認知症などの場合、長期間にわたり徐々に機能が低下していくため、最期を予想するのが困難である。

4.在宅での症状緩和が難しい場合、在宅ケアに固執するのではなく、医療機関への入院等を検討する。

5.老衰や認知症などの場合、筋萎縮や関節拘縮、廃用性骨萎縮(骨粗鬆症)等の廃用症候群の症状が起こるため、リハビリテーション専門職の定期的な関わりや評価が必要となってくる。
評価後のアイコン
2014/08/27 21:14
ID : jkeqhweavf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
1 がんの身体機能の低下は個人差があり、長時間にわたり低下していく場合もあれば、短期間で急に低下していく場合もあります。

2 臓器不全の場合は、個人差はありますが、死の間際まで日常生活を自力で行うことは難しくなります。
評価後のアイコン
2015/03/25 12:09
ID : ysaqtrmkds
評価する
5
評価しない
1:がんの症状は症例によって大きく異なり、緩やかな経過をたどる場合もあれば、急激に進行する場合もあります。

2:心臓や肺、肝臓などの疾患は重度化することで運動機能が大きく低下します。そのため、終末期には自力だけで日常生活を行うことは難しくなります。

評価後のアイコン
2015/05/16 20:37
ID : anaohrzq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。