介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第16298問 出題

問題

介護予防事業について正しいものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
第2号被保険者は、一次予防事業の対象とはならない。
 2 . 
要支援となる恐れの高い状態にある者は、事業対象から除かれる。
 3 . 
介護予防ケアマネジメントは、医療機関が行う。
 4 . 
予防給付によって生活機能が改善し、非該当になった場合には、二次予防事業の対象となる。
 5 . 
介護予防ケアマネジメントでは、介護予防ケアプランを作成することがある。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
29
評価しない
正解は1,4,5です。

介護予防事業は、65歳以上の高齢者を対象に、介護が必要になる状態を予防するために行われる事業です。

2⇒このような方こそが、介護予防事業の最も良い適応となります。

3⇒介護予防ケアマネジメントは、主に地域包括支援センターで行われています。
評価後のアイコン
2014/10/17 18:41
ID : bqzuosqqxo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は 1、4、5 です。

2 要支援となるおそれの高い状態にある第1号被保険者は、介護予防事業の対象となります。

3 介護予防ケアマネジメントは、地域包括支援センターに委託することができ、医療機関に限定されません。
評価後のアイコン
2015/05/12 10:22
ID : hunwafrb
評価する
8
評価しない
2 介護予防事業とは、要支援状態や要介護状態になることをできるだけ防ぐ、また要支援状態や要介護状態になっても、それ以上状態が悪化しないよう防ぐことを目的としています。
要支援状態になる恐れの高い状態にある者は、事業の対象となります。

3 介護予防ケアマネジメントは、地域包括支援センターで行われます。
評価後のアイコン
2015/04/10 19:17
ID : ysaqtrmkds
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。