過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者の転倒について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
認知症高齢者は、夜間の排尿行動や不穏状態で転倒することが多い。
 2 . 
徘徊などで転倒を繰り返す介護施設入所者については、向精神薬などの薬物を用いて歩けないように行動を制限する。
 3 . 
転倒により頭部を強く打った場合には、数時間様子をみて、意識障害などがなければ、それ以上の経過観察は要らない。
 4 . 
高齢女性は、骨粗鬆症が多いので、転倒により容易に骨折を起こしやすい。
 5 . 
要介護高齢者が短期間に複数回転倒した場合には、再度転倒する可能性が高いため、総合的にアセスメントを行い、対策を検討する必要がある。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
5

正解は 1、4、5 です。

2 薬物を用いて行動制限することは身体拘束となり、介護保険施設では原則禁止となっています。

3 転倒後1ヶ月以上は経過観察が必要であり、早期に受診することが望ましいです。

2015/05/13 09:46
ID : hunwafrb
5

正解は1,4,5です。

2⇒薬物を過度に用いると、足元のふらつきや残眠、意識レベルの低下などによりかえって転倒のリスクが高まります。薬物による行動制限は、身体拘束と同義であり、介護保健施設では原則として禁止されています。

3⇒硬膜下血腫などの場合、転倒などによる頭部打撲後1~3か月後に初めて症状が出ることがあります。

2014/10/20 18:24
ID : bqzuosqqxo
2

2 薬物による行動制限などの身体拘束は、介護保険施設の運営基準として原則として禁止されています。

3 転倒により頭部を強く打った場合には、数時間様子を見て症状がない場合にも、1~数か月は経過観察をしていく必要があります。

2015/04/16 22:49
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。