過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

在宅療養について適切なものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
人工呼吸を装着して外出する場合には、外部バッテリーやアンビューバッグなどのチェックを行い、緊急の連絡先などを確認する。
 2 . 
在宅酸素療法として、高圧ガスボンベを使用する場合には、2m以上火気から離し火気厳禁とするが、酸素濃縮器を使用する場合には、そばで火気を使用することができる。
 3 . 
在宅人口呼吸療法を導入する場合には、気管切開が必須となる。
 4 . 
在宅自己腹膜灌流(CAPD)をしている場合には、週1回以上は医療機関を訪問する必要がある。
 5 . 
胃ろうの管が皮膚から抜けてしまった場合には、穴が塞がってしまうので、すぐに新しいものと交換するなどの対応が必要である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

正解は 1、5 です。

2 酸素は燃えやすいため、火気厳禁です。そばで使用することは大変危険なのでしてはいけません。

3 在宅人口呼吸療法を導入するために気管切開は必須ではありません。経口や経鼻からも行えます。

4 在宅自己腹膜灌流を実施している場合は、【月1~2回程度】の通院が必要です。

2015/05/13 09:52
ID : hunwafrb
9

2 在宅酸素療法として、酸素濃縮器を使用する場合にも火気厳禁です。

3 在宅呼吸療法には、気管切開の他にも、小型マスクを使用した人工呼吸療法が可能です。

4 在宅自己腹膜灌流(CAPD)をしている場合は、月に1~2回の受信が必要です。

2015/04/19 21:56
ID : ysaqtrmkds
4

正解は1,5です。

2⇒酸素は引火しやすく、酸素濃縮器の近くで火を使用することは極めて危険です。

3⇒そのようなことはありません。マスクでも在宅人工呼吸療法が可能です。

4⇒在宅自己腹膜灌流の患者は、月1~2回の受診が必要です。

2014/10/20 18:27
ID : bqzuosqqxo
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。