介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第16323問 出題

問題

面接場面におけるコミュニュケーション技術について、より適切なものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
傾聴を行う上では、主にクローズドクエスチョンを使用した方がよい。
 2 . 
円滑なコミュニケーションを図るためには、服装や書類の理解しやすさなどの外的条件にも気を配る必要がある。
 3 . 
相談援助者は、クライエントの主訴の把握に当たっては、言語的に表出された訴えではなく、非言語的な要素で判断する。
 4 . 
相手が伝えようとしている事柄を受け止めることは大切であるが、その背後にある情緒まで受け止める必要はない。
 5 . 
相談援助者は、「励まし、明確化、要訳」といった技術を活用して、クライエントとともに課題を明確にしていく必要がある。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
12
評価しない
正解は2,5です。

1⇒傾聴を行う場合には、答えが決まっているクローズドクエスチョンは不向きです。自由に話すことができるオープンクエスチョンが望ましいでしょう。

3⇒言語的、非言語的要素はどちらが優位ということはなく、いずれも非常に重要な判断基準です。

4⇒背景にある心情を察して受け止めることは極めて重要です。
評価後のアイコン
2014/10/20 19:14
ID : bqzuosqqxo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
1 傾聴を行う上で主に使用するのはオープンクエスチョンです。

3 相談援助者は、クライエントの主訴の把握にあたっては、言語的に表出された訴えと、非言語的な要素の両方のいずれもが非常に重要な判断基準材料となります。

4 相手が伝えようとしている事柄を受け止めること、またその背景にある情緒も受け止めることは、コミュニケーションにおいて非常に重要です。
評価後のアイコン
2015/04/21 22:10
ID : ysaqtrmkds
評価する
5
評価しない
正解は 2、5 です。

1 傾聴の場面ではオープンクエスチョンが望ましいです。

3 クライエントの主訴の把握に当たっては、言語的に表出された訴えと、非言語的な要素を総合的に判断します。

4 援助者は、相手の訴える事柄の背景にある情緒・心情を受け止めることも大切です。
評価後のアイコン
2015/05/22 16:32
ID : hunwafrb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。