過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ソーシャルワークの観点から、クライエントの自立支援を行う上で、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
クライエントの可能性を広げ、意欲を高めていくことが大切である。
 2 . 
クライエントと周囲との安定的で建設的な関係を作り、それを維持することが重要である。
 3 . 
クライエントが間違っている場合には、一定の行動や価値に従うように強制すべきである。
 4 . 
クライエントの意欲を高めるためには、小さな事柄から自己決定を促すことが効果的である。
 5 . 
社会的孤立が深まっている場合であっても、対人関係を持ちたくないというクライエントの意思を全面的に尊重すべきである。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
5

3 クライエントが間違っている場合でも、行動や価値を一方的に強制すべきではありません。

5 クライエントが対人関係を持ちたくないという理由について根気よく本人と話し合いを持ったり、適切なアプローチを行うことにより、社会的孤立を回避する方法を探ります。

2015/04/21 22:18
ID : ysaqtrmkds
4

正解は1,2,4です。

3⇒ソーシャルワークにおいては、クライエントに何かを強制するということは好ましくありません。

5⇒クライエントが対人関係を否定するのには何か理由があるはずです。それに対する傾聴、適切なアプローチを行うことにより、社会的孤立を回避する方法を探ることが大切です。

2014/10/20 19:17
ID : bqzuosqqxo
2

正解は 1、2、4 です。

3 援助者が行動や価値をクライアントに強制してはいけません。

5 社会的孤立に陥っている要因を考察し、援助者から積極的に関わりを持って社会的孤立を解消できるよう努めていきます。

2015/05/22 16:36
ID : hunwafrb
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。