過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 1 問1を出題

問題

[ 設定等 ]
湿度及び結露に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
露点温度とは、絶対湿度が100%になる温度である。
   2 .
冬季暖房時に、室内側から入った水蒸気により壁などの内部で生じる結露を内部結露という。
   3 .
冬季暖房時に、室内の水蒸気により外壁などの室内側表面で生じる結露を表面結露という。
   4 .
絶対湿度とは、乾燥空気1kgと共存している水蒸気の質量である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 1 問1 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
29
評価しない
正解は1です。
露点温度とは、相対湿度が100%になる温度で、空気中の水蒸気が凝結して露になり始める時の温度です。

2.内部結露とは、壁体等の内部で結露することです。
内部結露を防ぐ方法として、壁体内部の温度が高く保たれる外断熱が挙げられます。

3.表面結露とは、室内側の壁体表面温度が露点温度より低いとき、壁体表面に水滴が付着する現象のことです。

4.絶対湿度とは、乾燥空気1kgと共存している水蒸気の質量のことで、gで表します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
1.✕ 露点温度とは、相対湿度が100%になる温度のことです。
絶対湿度とは、乾燥した空気1kg分中にどれだけ水蒸気が含まれているかを質量(kg)で表したものです。
0.0029kg/kg等と表現します。

2.〇 設問の通りです。

3.〇 設問の通りです。

4.〇 設問の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。