過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 1 問2を出題

問題

[ 設定等 ]
冬季暖房時における外壁の室内側表面の結露防止対策に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
室内の換気をできるだけ行わない。
   2 .
室内の水蒸気の発生を抑制する。
   3 .
室内側表面に近い空気を流動させる。
   4 .
外壁の断熱性を高める。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 1 問2 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない

不適当なものは1です。

1.室内の水蒸気量を下げるために換気をすることで空気の入れ替えが行われ、絶対湿度が下げるので結露対策として有効です

2.室内の水蒸気が冷やされて結露するため、水蒸気の発生を抑制することは結露対策として有効です。

3.冷たい空気は窓や壁の付近で停滞してしまうため、空気を流動させることで空気が室内を循環するので、結露対策として有効です。

4.外壁の断熱性能を高めることで、内部結露が生じにくくなるため結露対策として有効です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
1.誤りです。
結露対策では室内の空気に含まれる水蒸気の量を下げるため、室内の換気は必要です。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。