過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 4 問34を出題

問題

[ 設定等 ]
仮設計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ガスボンベ置場は、小屋の壁の1面は開放とし、他の3面の壁は上部に開口部を設けることとした。
   2 .
工事現場の敷地周囲の仮囲いに設置する通用口には、内開き扉を設けることとした。
   3 .
所定の高さを有し、かつ、危害を十分防止し得る既存の塀を、仮囲いとして使用することとした。
   4 .
工事ゲートの有効高さは、鉄筋コンクリート造の工事のため、最大積載時の生コン車の高さとすることとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 4 問34 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.誤りです。
工事ゲートの有効高さは、鉄筋コンクリート造の工事の際、空荷時の生コン車が通過できる高さとします。最大積載時の車高が空荷時に比べて重さの分沈むことが考慮されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.2.3.設問の通りです。

4.生コン車は最大積載時よりも空積時のほうが車高は高くなります。
検討する際は空積時の高さで検討します。
よって誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。