過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 4 問33を出題

問題

[ 設定等 ]
事前調査や準備作業に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
敷地境界標石があったが、関係者立会いの上、敷地境界の確認のための測量を行うこととした。
   2 .
地業工事で振動が発生するおそれがあるため、近隣の商店や工場の業種の調査を行うこととした。
   3 .
相互チェックできるように木杭ベンチマークを複数設けたため、周囲の養生柵を省略することとした。
   4 .
既存の地下埋設物を記載した図面があったが、位置や規模の確認のための掘削調査を行うこととした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 4 問33 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.誤りです。
ベンチマークとは高低の基準点のことであり、動かないようにする工夫が必要です。又、複数設けた場合は絶対に移動のおそれのない所に設けることが望ましいです。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1.2.4.設問の通りです。

3.ベンチマークは建物の基準点になるので絶対に動かさないようにする工夫が必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。