過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 3 問32を出題

問題

[ 設定等 ]
外壁の押出成形セメント板張りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
パネルの取付け金物(Zクリップ)は、下地鋼材にかかり代(しろ)を30mm以上確保して取り付けた。
   2 .
パネルの取付け金物(Zクリップ)は、取付けボルトがルーズホールの中心に位置するように取り付けた。
   3 .
幅600mmのパネルに設ける欠込み幅は、300mm以下とした。
   4 .
工事現場でのパネルへの取付けボルトの孔あけは、振動ドリルを用いて行った。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 3 問32 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.誤りです。
押出成形セメント板への加工は、振動や衝撃を与えると破損の原因となりやすいため通常の電動ドリルを用いることが一般的です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.2.3.設問の通りです。

4.押出成形セメント板への加工は振動・衝撃を与えると破損しやすいので通常のドリルを使用します。
よって誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。