過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 3 問31を出題

問題

[ 設定等 ]
床のフローリング張りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
体育館の壁とフローリングボードの取合いは、すき間が生じないように突き付けた。
   2 .
根太張り工法で釘打ちと併用する接着剤は、エポキシ樹脂系接着剤とした。
   3 .
根太張り用のフローリングボードは、根太上に接着剤を塗布し、雄ざねの付け根から隠し釘留めとした。
   4 .
張込み完了後の表面に生じた目違いは、養生期間を経過した後、サンディングした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 3 問31 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
1.誤りです。
体育館におけるフローリングボードと壁との取り合いは、床板材の伸縮を考慮して隙間を設けます。床板の伸びは、1mあたり1mm程度伸びることを配慮するのが一般的です。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.床材の振動・伸縮のことを考えて10㎜程度の隙間を設けます。その隙間はゴムパッキン等で塞ぐのが一般的です。
よって誤りです。

2.3.4.設問の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。