過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 4 問38を出題

問題

[ 設定等 ]
品質管理の用語に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
見える化は、問題、課題、対象等を、いろいろな手段を使って明確にし、関係者全員が認識できる状態にすることである。
   2 .
QCDSは、計画、実施、点検、処置のサイクルを確実、かつ、継続的に回してプロセスのレベルアップをはかる考え方である。
   3 .
特性要因図は、結果の特性と、それに影響を及ぼしている要因との関係を魚の骨のような図に体系的にまとめたものである。
   4 .
5Sは、職場の管理の前提となる整理、整頓、清掃、清潔、しつけ(躾)について、日本語ローマ字表記で頭文字をとったものである。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 4 問38 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない

1.設問の通り。

2.誤りです。
設問はPDCAについての記述です。Plan(計画)→Do(実行)→Check(点検)→Action(処置)のサイクルの頭文字である。
QCDSとは品質評価の指標であり「Q」はクオリティ、「C」はコスト、「D」はデリバリー(工期)、「S」はセーフティを意味します。

3.設問の通り。

4.設問の通り。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

1.3.4.設問の通りです。

2.QCDSは製品の品質評価の指標で、品質(Quality)、価格(Cost)、入手性(Delivery)、サポート(Service)の略です。
設問はPDCAの説明なので誤りです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。