過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問25を出題

問題

[ 設定等 ]
シーリング工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
充填箇所以外の部分に付着したシリコーン系シーリング材は、硬化後に除去した。
   2 .
目地深さがシーリング材の寸法より深かったため、ボンドブレーカーを用いて充填深さを調整した。
   3 .
ノンワーキングジョイントでは、3面接着で施工した。
   4 .
コンクリート打継目地のシーリング目地幅は、20 mmとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問25 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない

最も不適当なものは2です。

1.問題文の通りです。充填箇所以外の部分に付着したシリコーン系シーリング材は、硬化後に除去します。

2.バックアップ材ボンドブレーカーもどちらも3面接着を避けるためのものですが、目地が深くて調整が必要であればバックアップ材を使用し目地深さの調整が不要な場合であればボンドブレーカーを使用します。

3.問題文の通りです。ノンワーキングジョイント(被着体の動きが予想できないジョイント部分)では、3面接着で施工します。

4.問題文の通りです。コンクリート打継目地のシーリング目地幅は、20 mm以上とします。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.設問の通り。

2.誤りです。
目地深さがシーリング材の寸法より深く許容範囲が納まらない場合は「バックアップ材」で調整します。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。