過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 4 問41を出題

問題

[ 設定等 ]
工事現場の安全管理に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
安全施工サイクル活動とは、施工の安全を図るため、毎日、毎週、毎月に行うことをパターン化し、継続的に取り組む活動である。
   2 .
新規入場者教育とは、作業所の方針、安全施工サイクルの具体的な内容、作業手順などを教育する活動である。
   3 .
TBM(ツールボックスミーティング)とは、職長を中心に、作業開始前の短時間で、当日の安全作業について話し合う活動である。
   4 .
ZE(ゼロエミッション)とは、作業に伴う危険性又は有害性に対し、作業グループが正しい行動を互いに確認し合う活動である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 4 問41 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
〇 1.問題文の通り。

〇 2.問題文の通り。

〇 3.問題文の通り。

✕ 4.ゼロエミッションとは、廃棄物を再利用する事で、廃棄物の処分量をゼロに近づけるという考え方を言います。
問題文は、KY活動(KYK)の事です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

不適当なものは4です。

作業に伴う危険性又は有害性に対し、作業グループが正しい行動を互いに確認し合う活動は、KY活動(KYK)です。

1.問題文の通りです。安全施工サイクル活動とは、施工の安全を図るため、毎日、毎週、毎月に行うことをパターン化し、その実施内容の改善や充実を継続的に取り組む活動です。

2.問題文の通りです。新規入場者教育とは、作業員が初めて現場に入る前に行う作業所の方針、安全施工サイクルの具体的な内容、作業手順などを教育する活動です。

3.問題文の通りです。TBM(ツールボックスミーティング)とは、作業開始前の短時間で行う作業についての会議や打ち合わせの事です。

4.ZE(ゼロエミッション)とは、廃棄物を再利用する事で、廃棄物の排出量をゼロにすることを目指す考え方です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。