過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23727問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の液体の引火点及び燃焼範囲の下限値の数値として考えられる組合せで正しいものはどれか。
「ある引火性液体は30℃で液面付近に濃度8vol%の可燃性蒸気を発生した。この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
   1 .
引火点 ………10℃    燃焼範囲の下限値………11 vol%
   2 .
引火点 ………15℃    燃焼範囲の下限値………4 vol%
   3 .
引火点 ………20℃    燃焼範囲の下限値………10 vol%
   4 .
引火点 ………40℃    燃焼範囲の下限値………12 vol%
   5 .
.引火点 ………45℃    燃焼範囲の下限値………6 vol%
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問136 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
24
評価しない
この液体の引火点は30℃以下であり、このときの燃焼範囲の下限は8vol%です。
この条件を満たすのは、2だけです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
引火性液体は 可燃性蒸気を発生して
引火点に達すると 蒸気の濃度が燃焼範囲に達して
火を近づけると燃えます。

液体 30℃ で 可燃性蒸気が発生し、引火しているので
引火点は 30℃以下ということになります。

温度が低くなれば 蒸気の濃度も低くなるので
濃度 8vol%以下が 燃焼範囲の下限値になります。

これにあてはまるのは
引火点15℃ 燃焼範囲の下限値4vol%
になります。

----

【1】【3】
→温度が30℃より低いのに 下限値が8vol%よりも大きいのは間違い。
(燃焼範囲の下限値は8vol%以下)

【4】【5】
→引火点が30℃より高いので間違い。
(温度30℃で引火しているので 引火点は30℃以下)
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
問題より引火点は30℃以下で燃焼範囲の下限は8vol%以下であるとわかります。
この条件を満たすのは2番のみです。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
30°Cで引火したので、引火点 f.p.は30°C以下
f.p.< 30

蒸気の濃度は8 vol%なので、引火するために満たすべき濃度条件(燃焼範囲)は8 vol%で満たす。
つまり下限は8 vol%以下になります。

この2つの条件を満たす選択肢は2のみです。
引火点 15℃    燃焼範囲の下限値4 vol%【答】
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。