過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問116

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の組み合わせのうち、燃焼の3要素になっているものはどれか。
   1 .
炎、軽油、空気
   2 .
電気火花、硫黄、水素
   3 .
熱湯、酢酸エチル、水素
   4 .
静電気、水素、窒素
   5 .
光、硫酸、二酸化炭素
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問116 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (4件)

評価する
42
評価しない
燃焼とは、物質が酸素と激しく結びつくことです。このときに、熱と光を放出します。

燃焼の三要素
① 可燃物(可燃性物質) ・・・ 水素、紙、金属粉、木材、りん、プロパン等
② 酸素供与体(空気など) ・・・ 酸素、危険物第一類・第六類
③ 熱源(点火エネルギー) ・・・ 火元、電気火花

これに燃焼の継続が加わると、燃焼の4要素になります。また、空気中の酸素が21%であることは覚えておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
26
評価しない

可燃物、酸素供給体、熱源を燃焼の三要素といい、

これら3つが同時にそろったとき燃焼が起こります。

(どれか1つでも取り除けば直ちに消火します)

1【正】

炎→熱源

軽油→可燃物

空気→酸素供給体

2【誤】

電気火花→熱源

硫黄、水素→可燃物

3【誤】

熱湯→熱源

酢酸エチル、水素→可燃物

4【誤】

静電気→熱源

水素→可燃物

評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
燃焼とは、発熱と発光を伴う酸化反応のことです。

燃焼が起きるためには、
「可燃物」「酸素供給体」「点火源」が必要で、
これが 燃焼の3要素になります。

この1つでも欠けると、燃焼は起こりません。

・可燃物・・・燃えるもの。木材、紙、有機化合物、一酸化炭素など。
・酸素供給体・・・酸素を供給して燃焼を助ける物質。主に空気中の酸素。
・点火源・・・燃焼を与えるきっかけとなるもの。熱や火、静電気など。

「燃えるもの」 「空気(酸素)」 「熱や火」 をイメージして選択すると良いです。

※酸素そのものは燃えないので、可燃物ではありません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
燃焼の三要素とは点火源・可燃性物質・酸素供給体のことをいいます。
1番以外の選択肢の中では、

点火源に電気火花・静電気が、
可燃性物質に硫黄・酢酸エチル・水素が該当します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。