過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18508問」を出題

問題

[ 設定等 ]
酸と塩基に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
酸性の水溶液は、青色リトマス紙を赤変させる。
   2 .
アルカリ性の水溶液では、赤色リトマス紙が変色しない。
   3 .
酸性の水溶液中では、フェノールフタレインは青色である。
   4 .
酸性では、pHが7より大きく、アルカリ性では7より小さくなる。
( 第27回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は 1 です。


1 . 酸性の水溶液は、青色リトマス紙を赤変させる。 ○正しい

2 . アルカリ性の水溶液では、赤色リトマス紙が変色しない。  ×誤り
→アルカリ性の場合、赤色リトマス紙は青色に変色する。

3 . 酸性の水溶液中では、フェノールフタレインは青色である。 ×誤り
→フェノールフタレインは酸性の場合、無色である。

4 . 酸性では、pHが7より大きく、アルカリ性では7より小さくなる。 ×誤り
→酸性ではpHが7より小さく、アルカリ性では7より大きくなる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は1です

2:アルカリ性の場合には赤色リトマス紙が青色に変化します。よって「変化しない」というのは誤りです

3:賛成の水溶液中では、フェノールフタレインは青色ではなく、無色になります

4:賛成ではphが7より小さく、逆にアルカリ性ではphは7より大きくなります
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解 1

2アルカリ性の水溶液では赤色リトマス紙が青変します。

3フェノールフタレインは、酸性と中性では無色、アルカリ性では赤色になります。

4酸性が強いほどPHは0に近くなり、アルカリ性が強いほどPHは14に近くなります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は、1です。

1 酸性の水溶液は、青色リトマス紙を赤変させます。

2 アルカリ性の水溶液では、赤色リトマス紙が青変します。

3 酸性の水溶液中では、フェノールフタレインは無色です。

4 酸性では、pHが7より小さく、アルカリ性では7より大きくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。