過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18535問」を出題

問題

[ 設定等 ]
人体感染源に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
感染し発病するまでの潜伏期の間は、菌が体内に留まっているため排菌されることはない。
   2 .
発病後、症状がなくなり、治ったように見えても、菌が完全に体内から消失していない場合がある。
   3 .
病原体に感染していても、まったく症状がなく、排菌している場合がある。
   4 .
細菌性赤痢や腸チフスでは、症状が軽快してもさらに2週間の観察と繰り返しの検便が必要である。
( 第28回 理容師国家試験 感染症 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は、1です。

1 感染し発病するまでの潜伏期の間に菌が体外に排菌されることがあります。

2 発病後、症状がなくなり、治ったように見えても、菌が完全に体内から消失していない場合があります。

3 病原体に感染していても、まったく症状がなく、排菌している場合もあります。

4 細菌性赤痢や腸チフスでは、症状が軽快してもさらに2週間の観察と繰り返しの検便が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解:1
感染とは、病原体が人体の内部組織に侵入し、一定の部位に定着してそこに拠点をかまえ、発育、増殖することをいいます。感染し発症するまでの潜伏期間の間も体外に排菌され、他者に感染することがあります。


評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は1です。

1.感染し発病するまでの潜伏期の間に、すでに排菌している場合があります。(潜伏期保菌者)

2.発病後、症状がなくなり、治ったように見えても、菌が完全に体内から消失していない場合があります。(病後保菌者)

3.病原体に感染していても、まったく症状がなく、排菌している場合があります。(健康保菌者)

4.細菌性赤痢や腸チフスでは、症状が軽快してもさらに2週間の観察と繰り返しの検便が必要であります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。