過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18539問」を出題

問題

[ 設定等 ]
化学的消毒薬の特徴を説明した次の記述のうち、理(美)容師法施行規則に定められた消毒法に使用されていないものはどれか。
   1 .
次亜塩素酸ナトリウムは、動物性繊維を溶かしたり、金属を腐食させるが、洗濯洗剤に混ぜて使用することができる。
   2 .
グルコン酸クロルヘキシジンは、主剤濃度が、20%の製剤と5%の製剤が市販されており、前者は無色だが、後者は赤桃色に着色してある。
   3 .
逆性石けんは、材質への影響はほとんどないが、普通石けんや汚れなどの有機物が入り込むと極端に殺菌力を失う。
   4 .
速乾性擦式製剤は、即効的な殺菌効果とその持続性を期待できるが、使用目的は限定的である。
( 第28回 理容師国家試験 衛生管理技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は、4です。

1 次亜塩素酸ナトリウムは、動物性繊維を溶かしたり、金属を腐食させるが、洗濯洗剤に混ぜて使用することができます。

2 グルコン酸クロルヘキシジンは、主剤濃度が、20%の製剤と5%の製剤が市販されており、前者は無色だが、後者は赤桃色に着色してあります。

3 逆性石けんは、材質への影響はほとんどないが、普通石けんや汚れなどの有機物が入り込むと極端に殺菌力を失います。

4 速乾性擦式製剤(アルコール製剤など)は、広く使用されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 4 です。
解説は以下の通りになります。

速乾性擦式製剤は感染症対策などで、手指消毒に使われたりします。
理(美)容師法施行規則に定められた消毒法では使用されていません。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解:4
使用されていないものを選ぶので他は正解です。
理容・美容で用いられる消毒薬には、エタノール、次亜塩素酸ナトリウム、逆性石けん、両性界面活性剤、グルコン酸クロルヘキシジンなどがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。