過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18590問」を出題

問題

[ 設定等 ]
消毒薬の特徴に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
エタノールは、結核菌をはじめ栄養型の細菌やウイルスだけはなく、芽胞のある細菌にも効果がある。
   2 .
逆性石けんは、普通の石けんと混合しても効果は低下しないが、結核菌には効果がない。
   3 .
グルコン酸クロルヘキシジンは、栄養型の細菌には幅広い効果が見られるものの、芽胞や結核菌には効果がない。
   4 .
次亜塩素酸ナトリウムは、栄養型の細菌だけではなく、ウイルスにも効果があり、濃度変化を起こしにくい。
( 第29回 理容師国家試験 衛生管理技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は3で、正しい文章です。
1,2,4は誤った文章です。


解説

1.エタノールは、結核菌、ウイルス、栄養型細菌には効果がありますが、芽胞には効果はありません。

2.逆性石けんは普通の石けんと混ざると効果が下がります。栄養型細菌には効果がありますが、芽胞やウイルス、結核菌には効果がありません。

3.文章のとおりです。補足:ウイルスにも効果がありません。

4.次亜塩素酸ナトリウムは、ウイルスと栄養型細菌には効果がありますが、結核菌と芽胞には効果はありません。濃度変化も起こります。


<他の消毒法の効果>

●紫外線消毒:芽胞、結核菌、ウイルス、栄養型細菌すべてに効果があります。

●煮沸消毒:結核菌、ウイルス、栄養型細菌には効果がありますが、芽胞には効果がありません。

●蒸気消毒:結核菌、ウイルス、栄養型細菌には効果がありますが、芽胞には効果がありません。

●両性界面活性剤:結核菌や栄養型細菌には効果がありますが、ウイルスや芽胞には効果がありません
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。

1 エタノールは、結核菌をはじめ栄養型の細菌やウィルスに効果があるが、芽胞のある細菌には効果がない。

2 逆性石けんは、普通の石けんと混合すると効果が低下する。

3 グルコン酸クロルヘキシジンは、栄養型の細菌には幅広い効果が見られるものの、芽胞や結核菌には効果がない。

4 次亜塩素酸ナトリウムは、栄養型の細菌だけでなく、ウィルスにも効果があるが、濃度変化を起こす。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解:3
1→エタノールは芽胞には効果がありません。
2→逆性せっけんは陽イオン界面活性剤であり、殺菌作用があります。陰イオン界面活性剤である通常のせっけんと併用してしまうと効果が打ち消されてしまいます。
4→次亜塩素酸ナトリウムはウイルスなどに効果を示しますが、日光や熱で分解しやすく長期間保存で変性しやすいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。