過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18609問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の化合物のうち、高分子化合物に該当しないものはどれか。
   1 .
ケラチン
   2 .
ブドウ糖
   3 .
デンプン
   4 .
コラーゲン
( 第29回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解2
高分子化合物とは分子量が1万以上の化合物をさし、古くから香粧品に広く用いられる物質です。天然、半合成、合成に分類されます。

デンプン、セルロース、ケラチンのような天然高分子化合物と、ポリエチレンやフェノール樹脂などのような合成高分子化合物があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は2で、ブドウ糖は高分子化合物ではありません。
高分子化合物とは、分子量が1万以上の化合物のことで、炭素原子中心の有機高分子化合物と、ケイ素や酸素原子中心の無機高分子化合物にわけられます。
また、自然界に元々存在する天然のものを天然高分子化合物、人工的に作られたものを合成高分子化合物といいます。

1ケラチンの分子量は様々で低分子から高分子まで幅広いです。毛や爪の主成分です。

2ブドウ糖の分子量は180です。グルコースともいい、自然界に最も多く存在する単糖類です。デンプンを加水分解するとブドウ糖になります。

3デンプンの分子量は数千から数十万と幅広いです。穀物や芋類、豆類などに多く含まれます。天然高分子化合物で加水分解するとブドウ糖になります。

4コラーゲンの分子量は約30万です。皮膚や軟骨を構成するタンパク質の一つで、ヒトの体内には29種類のコラーゲンがあります。
評価後のアイコン
評価する
-1
評価しない
正解は2です。
高分子化合物とは、分子量が1万以上の化合物である。

1 ケラチンは、合成高分子化合物といい複数のアミノ酸が絡み合ってできている。分子量は約1000から100000である。

2 ブドウ糖は別名グルコースといい、単糖類である。分子量は180である。

3 デンプンは、天然高分子化合物であり分子量は数千から1000000である。

4 コラーゲンは、たんぱく質の1つで分子量は約300000である。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。