過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18624問」を出題

問題

[ 設定等 ]
理容師免許に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
理容師試験は、都道府県知事が指定した試験機関が行うこととされている。
   2 .
理容師試験に合格しても、伝染性の疾病にかかっている者には、免許を与えないことがある。
   3 .
理容師の免許は、理容師試験に合格した者の申請により、理容師名簿に登録された時点よりその効力を生じる。
   4 .
理容師免許を与えるのは、都道府県知事であるが、日本全国で有効である。
( 第30回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は3です。

1 理容師試験は、厚生労働大臣が指定した試験期間が行うこととされています。

2 理容師試験に合格した場合、伝染性の疾病にかかっていても免許を与えられます。

3 理容師の免許は、理容師試験に合格したのち、申請して理容師名簿に登録された時点でその効力を生じます。

4 理容師免許を与えるのは、厚生労働大臣です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解3
他は誤りです。

1→都道府県知事ではなく、厚生労働大臣の委任を受けた指定試験機関(理容師美容師試験研修センター)が行っています。
2→伝染病にかかっていても、以下の欠格条件に当てはまらなければ免許は与えられます。
 【欠格条件】
 ・心身に障害のある者
 ・無免許で美容を業とした者
 ・業務停止処分に違反して免許の取り消し処分を
  受けた者
4→免許は厚生労働大臣によって与えられ、生涯に渡り日本全国で有効です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は3で正しい文章です。
1,2,4は誤った文章です。


1.理容師試験は、都道府県知事ではなく、厚生労働大臣が指定した試験機関が行うこととされている。現在指定されている試験機関は、公益財団法人理容師美容師試験研修センターです。

2.理容師試験に合格した者で、伝染性の疾病にかかっている場合でも、免許は与えられます。
●免許が与えられないことがある場合
①心身の障害により理容師の業務を適正に行うことができない場合
②無免許で理容の業をして罰則を受けたことがある場合
③免許の取り消し処分を受けたことがある場合

3.理容師の免許は、理容師試験に合格した者の申請により、理容師名簿に登録された時点よりその効力を生じます。理容師試験に合格しただけでは理容師免許を与えられないので注意してください。

4.理容師免許を与えるのは、都道府県知事ではなく厚生労働大臣です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。