過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18632問」を出題

問題

[ 設定等 ]
わが国の水道に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
浄水操作は、沈砂 → ろ過 → 沈殿 → 消毒の順に行われる。
   2 .
簡易水道にも上水道と同じ水質基準が適用される。
   3 .
浄水処理に薬品を使用する沈殿は、禁止されている。
   4 .
水道水の塩素による消毒は、任意である。
( 第30回 理容師国家試験 公衆衛生・環境衛生 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は2です。

1 浄水操作は、沈砂→沈殿→ろ過→消毒です。

2 簡易水道にも上水道と同じ水質基準が適用されます。

3 浄水処理には、薬品を使用します。

4 水道水の塩素による消毒は、義務である。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:2
1→浄水操作は、沈砂→沈殿→ろ過→消毒の順に行われます。
3→
普通沈殿:原水を沈殿池にゆっくり流して浮遊物や微細な土砂を沈降させます。
薬品沈殿:薬品(硫酸アルミニウムやポリ塩化アルミニウム)を加えて微生物や微粒子を凝集させて沈降させます。
4→水道法で、給水栓で測定して、遊離残留塩素量が0.1mg/ℓ(結合残留塩素量は0.4mg/ℓ)以上に保持されるよう、塩素消毒をすることが規定されています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は2です。

1.①沈砂→②沈殿→③ろ過→④消毒 です。

2.簡易水道にも上水道と同じ水質基準が適用されます。
簡易水道・・・給水人口5000人以下
上水道・・・・給水人口5001人以上

3.ろ過によって99%の細菌が除去されますが、完全に除去するために、塩素が加えられます。

4.水道法では、遊離残留塩素量が0.1mg/ℓ(結合残留塩素量は0.4mg/ℓ)以上に保持されるよう塩素消毒をすることが規定されています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。