過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24881問」を出題

問題

[ 設定等 ]
パーマネントウェーブの原理に関する次の文章の(   )内に入る語句の組合せのうち、正しいものはどれか。

「毛髪を形成するケラチンの架橋構造の( A )結合を第1剤(1液)に含まれるチオグリコール酸などの( B )により切断し、次にカーリングロッドに毛髪を巻いて第2剤(2液)を作用させると、含まれる( C )などの薬剤の働きにより架橋構造にずれを生じた状態で( A )結合が復元し、ウェーブが固定される。」
   1 .
(A)ペプチド   (B)酸化剤   (C)臭素酸カリウム
   2 .
(A)シスチン   (B)酸化剤   (C)アンモニア
   3 .
(A)ペプチド   (B)還元剤   (C)アンモニア
   4 .
(A)シスチン   (B)還元剤   (C)臭素酸カリウム
( 第33回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は 4 です。

「毛髪を形成するケラチンの架橋構造の( A.シスチン)結合を第1剤(1液)に含まれるチオグリコール酸などの( B.還元剤 )により切断し、次にカーリングロッドに毛髪を巻いて第2剤(2液)を作用させると、含まれる( C.臭素酸カリウム )などの薬剤の働きにより架橋構造にずれを生じた状態で( A.シスチン )結合が復元し、ウェーブが固定される。」
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は、4です。

Aについて、パーマ剤で切断するのはシスチン結合です。
ペプチド結合は、アミノ酸の基本的な結合で、ここが切れてしまうと二度と元には戻りません。
カラーやパーマなどのダメージによってペプチド結合が切断され、断毛や枝毛の原因となります。

Bについては、第1剤は還元剤、第2剤は酸化剤です。

Cについては、他に当てはまる単語として、過酸化水素水や臭素酸ナトリウムもあります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

(A)シスチン (B)還元剤 (C)臭素酸カリウム

第1剤・・・還元剤やアルカリ化剤でシスチン結合を切断します。

第2剤・・・酸化剤でシスチン結合を再結合します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。