過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第30806問」を出題

問題

[ 設定等 ]
飲酒に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
わが国の1人当たりのアルコール消費量は、昭和20年代から現在まで増加傾向にある。
   2 .
飲酒量の増加に伴って、アルコール精神病やアルコール依存症が増加する傾向にある。
   3 .
飲酒に起因する健康障害には、肝疾患、脳卒中、高血圧などがある。
   4 .
「 健康日本21( 第2次 )」においては、未成年者及び妊婦の飲酒防止に関する対策を講じている。
( 第35回 理容師国家試験 公衆衛生・環境衛生 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は1です。

1 . アルコール消費量は、1994年度をピークに減少している傾向がありますので、間違いです。

2 . 設問の通り、飲酒量の増加に伴って、アルコール精神病やアルコール依存症の数も増加します。

3 . 設問の通り、飲酒に起因する健康障害には、肝疾患、脳卒中、高血圧があります。
他には膵臓病、うつ、認知症、消化器系疾患などもあります。

4 . 設問の通り、健康日本21(第2次)において
「アルコールの心身に与える影響は、精神的・身体的な発育の途上にある未成年者においては大きいとされており、このため、未成年者飲酒禁止法によって、未成年者の飲酒が禁止されている。
また、妊娠している女性の飲酒は、胎児性アルコール症候群などの妊娠に関連した異常の危険因子である。
アルコールに関連する問題は健康に限らず交通事故等、社会的にも及ぶため、世界保健機関では、これらを含め、その総合的対策を講じるよう提言している。」
とされています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は、 1 です。

〇1.日本の1人当たりのアルコール消費量は、昭和20年代から現在まで増加傾向にあります。質問は、誤っている記述を聞いているので、 1 が正解です。

×2.飲酒量の増加に伴って、アルコール精神病やアルコール依存症が増加する傾向にあります。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。

×3.飲酒に起因する健康障害には、肝疾患、脳卒中、高血圧などがあります。他の生活習慣も、深く関与していることが明らかになってきました。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。

×4.「 健康日本21( 第2次 )」においては、未成年者及び妊婦の飲酒防止に関する対策を講じています。「 健康日本21( 第1次 )」は、平成12年から平成22年まででした。11年計画です。厚生労働省の提唱によるものになります。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。


評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。