過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第30835問」を出題

問題

[ 設定等 ]
酸化染毛剤に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
酸化染毛剤は、シャンプーのたびに染料が流出する。
   2 .
酸化染毛剤には、水に可溶な法定色素の酸性染料が有効成分として用いられる。
   3 .
酸化染毛剤は、法律により化粧品に分類されている。
   4 .
酸化染毛剤の使用に当たっては、毎回必ずパッチテストを行う。
( 第35回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は4です。


1 . 酸化染毛剤は永久染毛剤の一種で、シャンプーで色落ちはしませんので間違いです。

2 . 酸化染毛剤に含まれる有効成分である法定色素の酸性染料は、不溶性ですので間違いです。

3 . 酸化染毛剤は、法律により医薬部外品に分類されているので間違いです。
ヘアカラーに用いられる化粧品は染毛料です。

4 . 設問の通り、酸化染毛剤の使用に当たっては、毎回必ずパッチテストを行う必要があるので正解です。
酸化染毛剤に含まれる酸化染料の物質は、アレルギーを起こす可能性があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1 . 酸化染毛剤(永久染毛剤)は、色持ちが2~3ヵ月と長期的に持続します。
半永久染毛剤(酸性カラー・ヘアマニキュア・カラーリンス・カラートリートメント)は、シャンプーのたびに染料が流出します。

2 . 酸化染毛剤には、水に溶けにくい法定色素の酸化染料が有効成分として用いられます。(染毛剤製造承認基準には約50種の染料があげられています)

3 . 酸化染毛剤は、法律により医薬部外品に分類されています。

4 . 酸化染毛剤の使用に当たっては、毎回必ずパッチテストを行います。
パッチテストは48時間前に行い、テスト液を腕の内側に10円硬貨大に薄く塗り、自然に乾燥させます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。