過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第30836問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ヘアリンス剤に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
へアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩には、帯電防止効果がある。
   2 .
ヘアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩は、陰イオン界面活性剤である。
   3 .
酸性リンス剤は、酸性の薬剤の使用後に用いられる。
   4 .
ジンクピリチオンは、清涼感を与えるために配合される特殊成分である。
( 第35回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は1です。


1.設問の通り、へアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩には、帯電防止効果がありますので正解です。
静電気を防止します。
他に被膜の形成、光沢、質感を柔軟にする効果があります。

2 . ヘアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩は、陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)ですので間違いです。

3 . 酸性リンス剤は、アルカリ性の薬剤の使用後に使うので間違いです。
パーマ、カラー、縮毛矯正などでアルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻す働きがあります。

4 . ジンクピリチオンは、抗菌剤や防腐剤として配合されるので間違いです。
フケ防止の効果があります。
清涼感を与えるために配合される特殊成分は、メントールです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1です。

1 . へアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩には、帯電防止効果があります。
また、 毛髪を保護して柔軟にし、自然な光沢をあたえます。

2 . ヘアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩は、陽イオン界面活性剤です。

3 . 酸性リンス剤は、パーマネントウェーブ用剤の第一剤や染毛剤など、アルカリ性の薬剤の使用後に用いられます。

4 . ジンクピリチオンは、ふけやかゆみを防止するために配合されます。
メントールは、清涼感を与えるために配合されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。