過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師「理容理論」の過去問を出題

問題

理容技術を行うときの作業姿勢に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
作業点に常に正対できる位置に体を移動すると、疲労しやすい。
   2 .
基本足位のつくり方は、身長の高低によって足の開きかたを変えながら調節する。
   3 .
安定し、疲労しない姿勢を保つには、技術者の重心が両足の幅の範囲から外れないようにする。
   4 .
目線の高さで施術するときは、技術部位と目の距離を60cm以上にするとよい。
( 第27回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
正解は、3です。

1 作業点に常に正対できる位置に体を移動すると、疲労しにくいです。

2 基本足位は、身長の高低に関わらず足は開きません。

3 安定し、疲労しない姿勢を保つには、技術者の重心が両足の幅の範囲から外れないようにすることが大切です。

4 目線の高さで施術するときは、技術部位と目の距離を30〜40㎝にすると良いとされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は3です

1:作業点に常に正対できる位置に体を移動すると、疲労しにくくなります

2:基本足位とは、直立の「気をつけ」の状態であるから、足の開き方で調整するわけではありません
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1 . 技術者の位置は作業点に正対するのが原則です。
正対することにより疲労しにくいです。
(心臓の高さで技術を施すことが望ましいです)

2 . 基本足位のつくり方は、身長の高低は関係ありません。

3 . 安定し、疲労しない姿勢を保つには、技術者の重心が両足の幅の範囲から外れないようにすることです。
アンバランスな姿勢を長くとっていると、能力低下の原因となります。

4 . 目線の高さで施術するときは、技術部位と目の距離を30〜40㎝にするとよいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。