過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師「第29回」の過去問を出題

問題

法令に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
理容師法のような法律は、国の行政機関が定める。
   2 .
理容師法施行令のような政令は、内閣が定める。
   3 .
理容師法施行規則のような省令は、各省の大臣が定める。
   4 .
理容に関する条例は、地方公共団体がそれぞれの団体の議会の議決を経て制定することができる。
( 第29回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は1です。

1 理容師法のような法律は日本国憲法では特定の定めのある場合を除いて、全国民によって選出された議員で構成された国会の「両議院で可決」されることで成立する。

2 理容師法施行令のような政令は、内閣が定める命令である。

3 理容師法施行規則のような省令は、各省の大臣が定める。理容師法施行規則は厚生労働大臣が定める。

4 理容に関する条例のような条例は、地方公共団体がそれぞれの団体の議会の議決を経て制定する国の法律とは別に定める自主法である。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 1 です。

理容師法のような法律は国会によって定められ、厚生労働省の管轄になります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解:1
理容師法は国会が制定する法律です。理容師法施行令は内閣が制定する政令です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。