過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師「第34回」の過去問を出題

問題

理容師法の内容に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
理容師法は、理容業の振興を図ることを目的としている。
   2 .
理容師でなければ、理容を業とすることはできない。
   3 .
理容師でなければ、理容所を開設することはできない。
   4 .
外国人は、理容師免許を取得することができない。
( 第34回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
(1)理容師法は、以下の3つを目的とするものです。
a.理容師の資格を定める
b.理容の業務が適正に行われるように規律する
c.公衆衛生の向上に資すること

(2)理容師は免許が無いと仕事ができません。
仕事とは理容です。
理容師法では、「理容とは頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」となっています。
このため、理容師でなければ理容を業とすることはできません。

(3)開設者は理容所を衛生的に管理しなければならないので、管理理容師を置かなければなりません。
理容師免許が無くても開設できますが、開設者本人は免許が無ければ理容業務はしてはなりません。

(4)外国人の方は決められた養成施設(学校)において決められた期間以上の理容師になるのに必要な知識と技能を修得し、理容師試験を受けて合格すれば免許が取得できます。
ただ、免許を取得しても、入国管理法により、資格を活かして働くのは難しいようです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 2 です。

1:理容師法の目的は
「理容師の資格を定めること」
「理容の業務が適正に行われるよう規律すること」
「公衆衛生の向上に資すること」
この3つです。
3:理容所の開設は理容師の資格がなくても可能ですが、資格がない開設者が業務を行うことはできません。
4:外国人でも理容師免許の取得は可能です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。