過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師「第31回」の過去問をランダムに出題

問題

理容マッサージのマニピュレーションに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
叩打法は、主として前腕部の筋を振わせ、その振動を手指や手掌に伝える技法である。
   2 .
軽擦法は、マッサージする部分に手をぴったりとつけ、軽い連続した動きで、さする技法である。
   3 .
強擦法は、手指や手掌で皮膚を瞬間的に短く強く圧迫する技法である。
   4 .
振動法は、手掌、手掌外側面、指の先端を組み合わせて規則正しく叩く技法である。
( 第31回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は、2です。

1 叩打法は、手掌、手掌外側面、指の先端を組み合わせて規則正しく叩く技法です。

2 軽擦法は、マッサージする部分に手をぴったりとつけ、軽い連続した動きで、さする技法です。

3 強擦法は、皮膚を押さえつけながら強くさする技法です。

4 振動法は、主として前腕部を振動させて、指や掌から伝えて作用させる技法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は、2 です。

1 叩打法は、手掌、手掌外側面、指の先端を組み合わせて規則正しく叩く技法です。パッティング、タッピングを指します。質問は、正しい記述を聞いているので、不正解です。

2 軽擦法は、マッサージする部分に手をぴったりとつけ、軽い連続した動きで、さする技法です。質問は、正しい記述を聞いているので、 2 が正解です。

3 強擦法は、皮膚を押さえつけながら強くさする技法です。指腹を使います。質問は、正しい記述を聞いているので、不正解です。

4 振動法は、主として手拳全体を使い、小刻みに振動させる技法です。質問は、正しい記述を聞いているので、不正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。