過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師「皮膚科学」の過去問をランダムに出題

問題

皮膚疾患と病原体に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。
   1 .
尋常性毛瘡(カミソリカブレ) —— 化膿菌
   2 .
伝染性膿痂疹(トビヒ) ————— 真菌(カビ)
   3 .
疥癬(かいせん)(ヒゼン) ——— 虱(しらみ)
   4 .
円形脱毛症 ——————————— ウイルス
( 第43回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

答えは1です。

1、

【尋常性毛瘡】

ひげの毛包に化膿菌が感染して慢性の炎症がおきる皮膚疾患です。

よって、組み合わせが正しいので、これが正解になります。

2、

【伝染性膿痂疹】

表皮がブドウ球菌(化膿菌)で、大きな水疱や膿疱が、とびとびにおきる皮膚疾患です。

よって、(真菌)→(化膿菌)の間違いです。

3、

【疥癬】

ヒゼンダニというダニによる皮膚疾患です。

よって、(虱)→(ダニ)の間違いです。

4、

【円形脱毛症】

はっきり分かっていないが、自己免疫によって、脱毛がおこると言われています。

よって、(ウイルス)→(自己免疫)の間違いです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。