過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤  過去問題 | 無料の試験問題

問題

福祉専門職の国家資格に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
精神保健福祉士と社会福祉士は、基盤となるソーシャルワークの理念、倫理、価値において異なる。
 2 . 
精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士は、それぞれが福祉の相談援助専門職として異なる法律によって規定された国家資格である。
 3 . 
社会福祉士は、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者を相談援助の対象としている。
 4 . 
社会福祉士は、精神保健福祉士と同様に、対象者に主治医がいる場合には、その指導を受けると規定されている。
 5 . 
社会福祉士は、精神保健福祉士と同様に、日常生活への適応のために必要な訓練を行う、りハビリテーションの専門職としても位置づけられている。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は3です。

1.精神保健福祉士と社会福祉士は、ソーシャルワークの理念、論理、価値において、どちらも社会福祉学を基盤としています。

2.精神保健福祉士は「精神保健福祉士法」により規定されていますが、社会福祉士と介護福祉士は同じ「社会福祉士及び介護福祉士法」に規定されています。

3.「社会福祉士及び介護福祉士法」の定義として規定されています。

4.社会福祉士は、精神保健福祉士とは異なり、主治医の指導を受けるという規定はありません。

5.社会福祉士は、精神保健福祉士とは異なり、リハビリテーションの専門職としての位置づけはありません。

2016/03/09 17:04
ID : zvpsuvyxmd
1

正解は3です。

他の選択肢は以下のとおりです。

1→精神保健福祉士も社会福祉士もどちらも「社会福祉学」を基盤としています。

2→社会福祉士について定められている法律は「社会福祉士及び介護福祉士法」となっています。同じ法律です。

4→社会福祉士及び介護福祉士法の第二条で社会福祉士は

専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害のあること又は環境上の理由により、日常生活を営むのに支障がある者の相談に応じる

助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者と連携及び調整その他援助を行うこと

これらの業務にあたる人を指しています。
医師との連携、関係調整にあたりますが、主治医の指導は受けません。

5→4で解説済の定義参照。

2015/02/11 15:28
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。