過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
〔事例〕
Kさん(23歳、男性)は、この 5年間、コンビニに買い物に行く程度で、「仕事はするよ」と口にはしているが、自室でテレビを見たりパソコンゲームをしたりする生活をしていた。ひきこもるようになったのは、高校時代に仲の良かった友人とのトラブルがあり、それ以降登校しなくなってからである。 Kさんは小学生のころ両親が離婚し、現在は母親と3歳年上の兄との3人暮らしである。母親とは日常会話はしているが、ひきこもるようになったきっかけや将来のことなどについて話すことはなかった。
母親は何とかしなければど悩んでいたが、県の精神保健福祉センター(以下「センター」という。)で、ひきこもっている当事者や家族への個別相談、家族のセルフヘルプグループ、当事者を対象としたグループワークなどの支援が実施されていることを知り、そのことをKさんに話した。 Kさんがその話に少し関心を示したように思えたため、母親はセンターに相談に行き、 L精神保健福祉相談員が面接を担当した。

次の記述のうち、この時点でのL精神保健福祉相談員の母親への対応として、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
Kさんを説得して一緒に来所するよう伝えた。
 2 . 
早期に解決できる可能性が高いと励ました。
 3 . 
精神科の治療を受けた方がよいとアドバイスした。
 4 . 
センターの支援のプログラムについて説明した。
 5 . 
障害者就業・生活支援センターに相談に行くよう勧めた。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は4です。

この時点は、初回相談のため、母親の話に耳を傾け、制度の説明を行うことが必要になります。

1.この時点に関わらず、Kさんを説得するように働きかけるのは適切ではありません。

2.この時点に関わらず、5年間ひきこもっている状況で、早期に解決できる可能性が高いと判断できる情報はありません。根拠なく励ますことは適切ではありません。

3.この時点に関わらず、Kさんとの面識なく精神科の治療を勧めることは不適切です。

4.この時点で、センターの支援プログラムについて説明することは適切です。

5.障害者就業・生活支援センターは、就労支援に関する機関で、日常的に外出できる人が利用する機関です。この段階では、まだひきこもっている段階であり、障害者就業・生活支援センターを紹介することは適切ではありません。

2016/03/12 08:51
ID : zvpsuvyxmd
1

正解は4です。

事例の文から母親がセンターで行われているプログラムに関心をもっていること、母親がKさんに対して「何とかしなければ」と悩んでいることから、その部分に焦点を当てた対応が必要です。よって、4が正解です。Kさんに会ってもいない状況で1,2,3,5の対応は不適切です。

2015/02/23 21:19
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。