過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障  過去問題 | 無料の試験問題

問題

社会保険の適用対象や給付と負担に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
国民年金の被保険者としての期間がなかった者でも、国民年金法に定める給付を受けられる場合がある。
 2 . 
国民健康保険は、農業者や自営業者等を対象とするものであり、事業所に使用される者は対象とはならない。
 3 . 
国民年金の第3号被保険者は、専業主婦など夫に扶養されている妻を対象とする制度であり、妻に扶養されている夫は対象にならない。
 4 . 
健康保険法及び厚生年金保険法で定める標準報酬月額の上限は、同一である。
 5 . 
生活保護を受けている者は、介護保険の保険料を拠出できないので、介護保険に加入できない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は1です。

1.国民年金法第89条に、障害基礎年金等の受給者、生活扶助(生活保護)を受けている者、厚生労働省令で定める施設に入所している者などは、保険料を納付することを要しない、といった内容が規定されています。

2.事業所に使用される者であっても、雇用条件によっては国民健康保険の対象となります。

3.妻に扶養されている夫も対象になります。

4.健康保険法と厚生年金保険法では標準報酬月額の上限や等級は異なります。

5.生活保護を受けている者であっても、生活扶助から介護保険料を拠出するので介護保険に加入できます。

2016/04/02 13:00
ID : zvpsuvyxmd
0

正解は1です。
受けられる給付の例として、障害年金、遺族年金があります。

他の選択肢については、以下のとおりです。
2→事業所に雇用されていてもパートやアルバイトで労働時間の条件を満たしていない人は国民健康保険の加入対象になります。

3→第3号被保険者は、性別に関係なく、扶養されている配偶者が対象です。

4→健康保険の上限が121万円、年金の上限が62万円となっており、同一ではありません。

5→65歳以上の第1号被保険者は生活保護の扶助のうち、生活扶助から介護保険の保険料を支払う形になっているため、介護保険の被保険者です。

2015/03/23 00:04
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。