過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18065問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のうち、頭部CT検査の異常所見が診断に役立つ疾患として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
統合失調症
   2 .
パニック障害
   3 .
正常圧水頭症
   4 .
身体表現性障害
   5 .
双極性感情障害(躁うつ病)
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 精神疾患とその治療 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
正解は3「正常圧水頭症」です。

一般的に、統合失調症やパニック障害、身体表現性障害、双極性感情障害のエピソードを持つ患者に対し、頭部CT検査を行うことは稀です。

それよりは、認知症が疑われる患者に対し、頭部CT検査を行うことで、認知症なのかそうでないのかを判別する手がかりになっています。

「正常圧水頭症」は、認知症によく似た症状が現れます。
正常圧水頭症の主な症状としては、歩行障害や尿失禁、声かけに対しての反応が鈍い、ボーっとしているなどが挙げられます。
周囲は「認知症ではないか」と疑い医療機関を受診しますが、頭部CT検査を行い、脳内の脳室部分に髄液が溜まっていれば、正常圧水頭症と診断されます。
早期発見により、手術をおこなえば治療で改善できる可能性が高くなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は3です。

1.統合失調症は、頭部CT検査で異常所見は認められません。

2.パニック障害は、頭部CT検査で異常所見は認められません。

3.正常圧水頭症は、認知機能、歩行障害、尿失禁などを生じる認知症で、脳骨髄液を排出するシャント手術で症状の改善が認められます。頭部CT検査で脳室拡大が認められるため、頭部CT検査の異常所見が診断に役立つ疾患といえます。

4.身体表現性障害は、頭部CT検査で異常所見は認められません。

5.双極性感情障害(躁うつ病)は、頭部CT検査で異常所見は認められません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
頭部CT検査(脳内断層撮影)の異常所見が診断に役立つ疾患~脳内の観察しうる器質的な異常を伴う疾患ということになります。
1 . ×  統合失調症
2 . ×  パニック障害
3 . 〇 正常圧水頭症 水頭症は、脳内に脳脊髄液がたまって脳を圧迫することによる異常ですので、CTで所見が認められるはずです。
4 . × 身体表現性障害
5 . × 双極性感情障害(躁うつ病)
他に異常が認められる可能性がある疾患としては、脳血管障害、脳腫瘍、認知症、水頭症などがあげられます。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は3です。
正常圧水頭症は、本来吸収されるはずの水が溜まり脳を圧迫、脳の機能に麻痺などを起こします。頭部CT検査から発見できるのは、
・水頭症
・血腫や脳腫瘍の大きさ、場所、種類、良性か悪性か
・脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)の場所、障害範囲
などが挙げられます。

その他の選択肢については、頭部CT検査から発見できるものではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。