過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18084問」を出題

問題

援助の理念に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
社会福祉法では、福祉サービスを、法の下の平等を旨として、利用者が有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるように支援するものとしている。
 2 . 
バイステック(Biestek,F.)は、「受容」を、建設的及び破壊的な態度や行動なども含めて、クライエントをありのままの姿で受け止めることとした。
 3 . 
「障害者差別解消法」は、すべての国民が障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有する個人として尊重されるものであるという理念を定めたものである。
 4 . 
「良質かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針」では、本人の同意なく入院が行われる場合の、インフォームドコンセントを免除している。
 5 . 
マーゴリン(Margolin,L.)は、公民権運動に基づいて、差別や偏見により人権を損なわれている人々への援助に、エンパワメントを位置づけた。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
10
評価しない
正解は2です。

1.社会福祉法第3条に「福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし、その内容は、福祉サービスの利用者が心身ともに健やかに育成され、又は【その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するもの】として、良質かつ適切なものでなければならない。」と規定されていますが、「法の下の平等を旨として」という規定はありません。

2.バイステックの7原則の一つである「受容」は、建設的及び破壊的な態度や行動なども含めて、クライエントをありのままの姿で受け止めることとしています。「許容」や「容認」とは異なることに注意が必要です。

3.「すべての国民が障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有する個人として尊重されるものであるという理念」は、障害者基本法の理念です。障害者差別解消法は、障害者基本法の基本的な理念にのっとり、障害を理由とする差別の解消を推進することなどを目的としています。

4.指針では「精神医療においても、インフォームドコンセントの理念に基づき、精神障害者本位の医療を実現していくことが重要であり、精神障害者に対する適切な医療及び保護の確保の観点から、精神障害者本人の同意なく入院が行われる場合においても、精神障害者の人権に最大限配慮した医療を提供すること。」とされています。インフォームドコンセントを免除するといった記述はありません。

5.公民権運動に基づいて、エンパワメントを位置づけたのは、ソロモンです。マーゴリンは、ソーシャルワークの権力について問題提起を行いました。
評価後のアイコン
2016/04/19 11:22
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は、2です。

1、この記述は、介護保険法に書かれている理念です。
「福祉サービス」とは、個人の尊厳の保持を主として、その内容は、福祉サービスの利用者が心身共に健やかに育まれ、またその有する有する能力に応じ自立した日常生活を営むことことができるように支援するものとして、良心かつ適切なものでなければならないとしています。

2、正解です。

3、この記述は、障害者基本法の理念になります。
「障害者差別法の目的」とは、すべての国民が、障害の有無に関係なく、相互に人格と個性を尊重しあいながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することにまります。


4、精神保健福祉士法の改正によって厚生労働大臣が定めた指針が「良心かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針」になります。

5、この記述は、ソロモンの「黒人のエンパワメント」の説明です。
マーゴリンは「ソーシャルワークの社会的構築」になります。

評価後のアイコン
2015/07/03 20:49
ID : bctcnskyj
評価する
3
評価しない
1 . × 社会福祉法第3条からの抜粋ですが、×「法の下の平等を旨として」→ 〇「個人の尊厳の保持を旨とし」、・・・(略)・・・利用者が有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるように支援するものとして」とあります。
「法の下の平等を旨として」という内容はありません。

2 .〇 バイステック(Biestek,F.)のケースワークの7原則の中で、「受容・・・クライエントをありのままの姿で受け止めること」とあります。しかし、「建設的及び破壊的な態度や行動なども含めて」というのは、設問では正解ですが、解釈上少し疑問が残ります。

3 .× 「障害者差別解消法」は、差別の解消の推進が目的です。以下の理念は、障害者基本法です。「すべての国民が障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有する個人として尊重されるものであるという理念を定めたものである。」

4 . × 「良質かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針」では、本人の同意なく入院が行われる場合でも、インフォームドコンセントを全面的に免除することはおかしいことになります。

5 . × 「公民権運動に基づいて、差別や偏見により人権を損なわれている人々への援助に、エンパワメントを位置づけた」→エンパワメントの説明としては、正しいですが、これについて述べたのは、ソロモンです。
マーゴリンは、ソーシャルワークの社会的構築」においてソーシャルワーカーとクライエントの間に生じる支援と支配という矛盾について分析しているそうです。
評価後のアイコン
2018/03/09 23:03
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。