過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18143問」を出題

問題

[ 設定等 ]
多発性脳梗塞に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
アルツハイマー型認知症に特異的な病態である。
   2 .
嚥下障害はない。
   3 .
情動失禁はない。
   4 .
パーキンソン症候群の原因になる。
   5 .
振戦せん妄が認められる。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 人体の構造と機能及び疾病 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
正解は4です。

1.多発性脳梗塞とアルツハイマー型認知症は別の病態として区別されています。

2.嚥下中枢で脳梗塞を起こせば嚥下障害を起こします。

3.情動失禁は脳梗塞を含む脳血管性の認知症で多くみられます。

4.大脳基底核で脳梗塞を起こした場合などに、パーキンソン症候群が現れます。

5.振戦せん妄はアルコール依存症で見られる症状で、脳梗塞で起きやすい夜間せん妄とは区別されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は4です。

1.脳の萎縮によって引き起こされる、アルツハイマー型認知症。脳の血管の詰まりを原因とする多発性脳梗塞とは病態が異なります。
多発性脳梗塞は、脳血管性の認知症の原因となることが多くあります。

2.嚥下障害のおもな原因のひとつに、脳梗塞を始めとする脳血管障害が挙げられます。

3.情動失禁とは、感情のコントロールが利かず急に泣き出したり、怒ったりする症状です。多発性脳梗塞を原因とする、脳血管性の認知症によく見られます。

4.脳梗塞や脳出血が原因で現れるパーキンソン症状を、脳血管性パーキンソニズムといいます。

5.振動せん妄は、アルコール依存症患者が断酒・アルコール離脱した際に現れる症状です。脳梗塞が原因で引き起こされるせん妄とは区別されます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
×1 . アルツハイマー型認知症の場合、 大脳皮質や海馬に特異的な老人斑や神経原繊維変化がみられます。多発性脳梗塞とは異なる疾患です。

×2 . 多発性脳梗塞では、運動まひとして嚥下障害が出る場合があります。

×3 . 情動失禁は、感情が不安定となり、些細なことが泣いたり笑ったり怒ったりすることです。多発性脳梗塞で、抑制系の神経支配が弱くなり、そのような状態になることがあります。

○4 . パーキンソン症候群の原因になることがあります。パーキンソン症候群は、いわゆるパーキンソン病と同様の症状を起こす診断名です。

×5 . 振戦せん妄は、アルコール依存症者に起こる幻覚と運動不安を主とする特有のせん妄状態を指します。多発性脳梗塞では振戦や夜間せん妄が起こることがありますが、振戦せん妄とは別のものです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。