過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18214問」を出題

問題

日本における医療ソーシャルワーカーの職能としての発展に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
第二次世界大戦前に、聖路加国際病院の前身病院の医療社会事業部に医療ソーシャルワーカーとして清水利子が採用された。
 2 . 
第二次世界大戦後に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)主導の下、モデル保健所として初めて専任の「医療社会事業係」が配置されたのは板橋保健所である。
 3 . 
1953年(昭和28年)に、日本医療社会事業家協会が設立されたことにより、日本における全国的な医療ソーシャルワーカーの職能団体が立ち上がった。
 4 . 
医療機関が社会福祉士養成課程における実習施設等の範囲に含められたのは、社会福祉士及び介護福祉士法が成立した時からである。
 5 . 
診療報酬改定により、初めて社会福祉士が診療報酬点数上に位置づけられるようになったのは1992年(平成4年)からである。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は3です

1.日本で初めて採用された医療ソーシャルワーカーは、浅賀ふさです。

2.初めて医療社会事業係の専任となった保健所は、杉並保健所です。

3.記述の通り、日本医療社会事業家協会が設立されたことにより、日本における全国的な医療ソーシャルワーカーの職能団体が立ち上がりました。

4.医療機関が社会福祉士の実習機関に加わったのは、社会福祉士及び介護福祉士法が成立したあとからになります。

5.社会福祉士などの医療ソーシャルワーカーの加算が認められるようになったのは、退院調整加算などが新設された、2008年の診療報酬改定からです。
評価後のアイコン
2017/01/16 23:29
ID : ymazmwesj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1.第二次世界大戦前に、聖路加国際病院の前身病院の医療社会事業部に医療ソーシャルワーカーとして採用されたのは、浅賀ふさです。

2.第二次世界大戦後に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)主導の下、モデル保健所として初めて専任の「医療社会事業係」が配置されたのは、杉並保健所です。

3.1953年(昭和28年)に、全国的な医療ソーシャルワーカーの職能団体となる、日本医療社会事業家協会が設立されました。

4.社会福祉士及び介護福祉士法の成立は1987年(昭和62年)ですが、医療機関が社会福祉士養成課程における実習施設等の範囲に含められたのは、2006年(平成18年)です。

5.診療報酬改定により、初めて社会福祉士が診療報酬点数上に位置づけられるようになったのは、2008年(平成20年)からです。
評価後のアイコン
2018/01/17 07:21
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。